最新記事はこちら

パチ屋あるある~早く言いたい~

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

パチ屋あるある~早く言いたい~ | パチンコで勝ち組になる方法~感じるな考えろ~↑気にいっていただけたらポチっとどうぞm(__)m

今回はパチ屋あるある言いたいと思ってます。

 

今回ネタ回だと思ってるでしょ?

きっちりパチ屋あるあるのメカニズムお話します笑

それじゃ行きますよ!

あるあるその1

 

隣の台が噴く

 

これはよくある体験だと思います。

というか10割体験済でしょう。

このメカニズムですが…

 

単純に人の記憶力にあります。

自分がハマっていて隣がオスイチ、爆連。

そんなん忘れる訳ないでしょう。

心に深く刻まれている傷なだけです。

隣の台はたまたま当たっただけ。

あなたの台はたまたまハマっていただけ。

 

あるあるその2

 

角台がよく噴いている

 

これは昔からの思い込み。

その思い込みで座るお客さん。

つまり稼働があるから出ていたら目につく。

それだけの事。

どこの場所だろうが出る時は出ます。

 

 

あるあるその3

 

人が変わると出る、出なくなる

 

これも印象によるものです。

直前まで自分が打っていて止めた途端、次の客がオスイチ。

 

悔しいから印象に残っているんです。

 

代打ちしたら止まった?

何回言えばいいですか?

自分の時だけ起きてるなんて思わないでくださいね。

 

 

 

あるあるその4

 

ご年配、可愛い女の子ばっかり当たっている

 

これも一緒。

自分が当たらず悔しい印象から。

 

 

あるあるその5

 

知らないパチンコ屋に行くと当たる。

 

これも逆の意味で一緒。

(逆の意味ってのは嬉しいから記憶に残っているという事)

そんなんで勝率が上がるのなら日本一周しながらパチンコだけで食っていけますがな笑

こりゃあ一石二鳥だ!笑

 

 

 

まだまだあると思いますが、大体は説明がつくでしょう。

単純にあなたのその時の悔しい印象、嬉しい印象が残っているだけです。

 

広ーいホールの中、起きている日常茶飯事をさも自分の身に起きたかのように被害者ぶっているだけです。

 

上に挙げたのは主に印象が残っているからの現象です。

信じるか信じないかはあなた次第笑。

 

あるあるその6

 

大勝した次の日から負けまくる

 

例えば10万円勝ったとしましょう。

普段の投資が2万までと決めていた場合、あと4日は負けてもチャラだ、なんて思ってません?

投資上限がいくらでも変わりはありませんが、単純に慢心から来るものです。

投資の上限が勝った分まで増えていませんか?

また10万円勝てるかも?という気分が投資を増やし、結果勝った分以上投資することになるんです。

 

分かっていても『またあるかも?』って気持ちが投資を増やすんですね。

心当たりがある方はご用心を。

 

 

 

立ち回り法から見たパチ屋あるある

さて、ここでアピールタイムです。

今までの常識、あるあるから一線を画している

よしきち流立ち回り法。

 

これを知ると自分の中でのパチ屋あるあるやオカルトが理屈と共に理解が自然と出来るようになります。

どのようなメカニズムでそのような現象が起きているのか。

 

 

知ってみたくありませんか?

これを知ることによって更に楽しくパチンコライフを送れると私は思っています。

 

人ってのは自分だけが知っている事に優越感を覚えます。

 

俗にいうドヤ!ってやつです。

 

マイホールで何でもない現象に一喜一憂している客を見て優越感に浸ってみませんか?

出玉でも精神面でも。

(尚、ドヤりすぎて揉め事だけは起こさないようにしましょう笑)

責任は取れません笑

まだ準備が出来ていませんが、近々公式LINEを作ろうかと思っております。

そこではここでは書けないような過激なネタ。

私の公式LINEを通じて先生の立ち回り法を購入する際に特典が受けれるなどの特典をご用意する予定です。

 

パチンコオンラインスクール(POS)に参加したい方はご期待を!

 

 

-KIYO-

 

KIYO公式LINE@

はこちらから!

この公式LINE@は

『勝ち組への道への道!』

本気で勝ち組になりたいあなたに。
今の人生を変えたいあなたに。

ブログの更新情報、極秘情報盛り沢山!

続きはLINE@で↓↓

勝ち組になる方法は感じるな考えろ!

友だち追加

パチンコに本気で勝ちたい方、大歓迎です!

 

他の記事を見たい方はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です